Blog「処々起承転撮」古事記・日本書紀:記事…10,11,12

2018年05月26日

- 別Blog「処々起承転撮」で趣味の「写真」と「音楽」について書いている。
- 撮りためた写真の中から一枚、そこに思い浮かんだ音楽(曲)とのセット「写真∽音楽」で記事にしているもの。
- 時には真面目に、時には洒落で、好きな写真と好きな音楽でひとり丁々発止とでも言ってよい。
-  ・・・
- いつしか、それらの中に「古事記・日本書紀」絡みの記事も増えてきたので、
- 整理がてらこの場にリストアップを、一回につき3記事づつ拾っていきたいと考えている。


 ● ● ●

10 ■ ShoSyoShuSyuSha 061:Green Green / 青年は荒野をめざす

 
 ●「処々起承転撮」- ShoSyoShuSyuSha 061:Green Green / 青年は荒野をめざす ※クリックで当該ページへ

■ 写真は「法(ノリ)で造成されている稲田」

稲を抱えて降臨してきたニニギノミコト。その地を「高千穂」と言う。
 ・・・
何故、天孫降臨の地を「高千穂」と言うのだろう?探ってみると、「千(多いの意)の稲穂」にニニギの尊さを表す「高」を添えて「高千穂」としたとか、稲を高く積み上げた所の意味で「高千穂」とかの説明を見る。が、「千穂」はともかく、「高」の意味はそんなものなのか? 然らば、である。海沿いで営まれていた稲作が品種の変化、そして灌漑技術の発展もあって内陸の高地へ高地へと移動していった故の「高千穂」。これが私の結論だ。

■ 曲は「The New Christy Minstrels - Green Green」「ザ・フォーク クルセダーズ - 青年は荒野をめざす」

 ・・・・・・
 ・・・・・・

11 ■ ShoSyoShuSyuSha 063:Immingrant Song / The Battle Of Evermore

 
 ●「処々起承転撮」- ShoSyoShuSyuSha 063:Immingrant Song / The Battle Of Evermore 
  ※クリックで当該ページへ


■ 写真は「鹿児島神宮」

鹿児島神宮が面白いのは、勅使殿に「正八幡宮」の額が堂々と掲げられていることだ。
 ・・・
4世紀の後半に「秦氏」が日本に渡来してくる。住んだのは豊前の地だ。そこで為された神仏習合、八幡神が生まれる。その総本山は宇佐神宮。ところが、その地で「秦氏」の力は徐々に削がれて行き…。そんな中で氏の一集団が隼人の地へ移り住んだ。「八幡神」は我々のものだ。そんな「秦氏」の渡来から隼人への移住に潜む言い知れぬ想いを、ツェッペリンは見事に歌にして見せた。

■ 曲は「Led Zeppelin - Immigrant Song」「Led Zeppelin - The Battle of Evermore」

 ・・・・・・
 ・・・・・・

12 ■ ShoSyoShuSyuSha 064:Put It Where You Want It

 
 ●「処々起承転撮」- ShoSyoShuSyuSha 064:Put It Where You Want It ※クリックで当該ページへ


■ 写真は「 ”君の名は。” の一場面」(嘘)

「 君の名は。」でキーワードになっていた「むすび」という言葉に、我反応す。
 ・・・
「古事記・日本書紀」で、この世界が生まれた時に高天原にまず現れた神の名に「むすび (むすひ)」が使われている。如何に古から重要な言葉だったことかが判るはずだ。そこには「生」、そして「再生」と向合う日本人ならではの聖なる観念が埋め込まれている。それは与えられるものではなく、私達一人一人からの心の働きかけがあって「万物は神が宿す」の観念だ。だから、まずはそこに…

■ 曲は「Larry Carlton - Put It Where You Want It」





同じカテゴリー(05 別Blog「処々起承転撮」内-関連記事)の記事画像
Blog「処々起承転撮」古事記・日本書紀:記事…07,08,09
Blog「処々起承転撮」古事記・日本書紀:記事…04,05,06
Blog「処々起承転撮」古事記・日本書紀:記事…01,02,03
同じカテゴリー(05 別Blog「処々起承転撮」内-関連記事)の記事
 Blog「処々起承転撮」古事記・日本書紀:記事…07,08,09 (2018-05-01 17:00)
 Blog「処々起承転撮」古事記・日本書紀:記事…04,05,06 (2018-03-24 17:00)
 Blog「処々起承転撮」古事記・日本書紀:記事…01,02,03 (2018-03-11 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Blog「処々起承転撮」古事記・日本書紀:記事…10,11,12
    コメント(0)